2019年03月23日

『古きをたづねて』

 唐木順三の『古きをたづねて』を読む。「たづねて」とあるが、学術的随筆であり文学論であり、紀行文ではない。六つの随筆と付録から構成されている。「二月堂の修二會」「由良」「熊野」「後鳥羽院と定家並びに西行・長明」が良かった。
 「二月堂の修二會」では「行基」と「役小角(えんのおづの)」(一般には「役行者(えんのぎょうじゃ))との対比が面白い。共に民を「妖惑」する「外道」として王朝政権から追放されながら(ともに伊豆に流される)、行基はその後大僧正として迎えられ、役小角は招きを辞退して修験道の開祖となる。
 この両者を対比するような映画があってもよい(既にあるのかもしれないが)。
 「由良」は「覚心」と「一遍」の出会いである。「智眞房一遍」の念仏開眼がこの由良であったという。ちなみに、この時一遍は妾とその娘を連れての旅であった。
 「熊野」にも一遍が登場する。唐木順三の一遍への関心はなみなみならない。なお、一遍の死後、時宗の僧は従軍僧として、戦場での死体の片付け等をしていたとのこと。初耳であるが、理解し得る。踊念仏の僧や信者には、エタ・ヒニンが多くいたということがわかっているからだ。そういうことでは、最下層の人たちが信心した宗教だったのかもしれない。
 「後鳥羽院と定家並びに西行・長明」は後鳥羽院と藤原定家の和歌での対立を描いたものである。ここでは「みやび」最後の後鳥羽院と「すき」への西行の時代移行が面白い。(2336)
posted by 矢島正見 at 21:52| 我流雑筆

『古代史試論』

 唐木順三『古代史試論』を読む。論文・随筆集である。
 「第一部」では「仁徳記」「仁徳陵と古事記」「飛鳥寺」が良かった。「第二部」では「言霊と言学」が良かった。あとは難しすぎた。
 一昔前までは、唐木順三のような偉大な知識人がいた(注:当然のことであるが、テレビに出てくる、知名度だけは高い、いわゆる「識者」という類の者とは異なる)。専門の学者でありながら、幅広い教養をもち、スケールの大きな構想を論理的に展開した。
 梅原猛が亡くなった。この人もその中の一人だった。
 しかし今は学問が細分化されてしまい、全体的でかつ学際を超えたスケールの大きさで時代と社会と文化と人間を語る人はいなくなってしまった。
 ひと昔前の時代ではそのような人を必要とし、今は必要としない、ということのようだ。(2335)
posted by 矢島正見 at 00:01| 我流雑筆

2019年03月20日

『日本の心』

 唐木順三『日本の心』を読む。論文・随筆集である。
 「1-1 自然といふこと」「1-2 任すといふこと・その系譜」「1-3 おそれといふ感情」「2-1 芭蕉の一句」「2-2 人物再発見―一遍―」「2-3 正法眼蔵隋聞記について」「3-6 東尋坊―八百清顕がこと―」は良かった。他はぴんとこなかった。
 「自」という字は面白い。「自(みずか)ら」という主体的自己を表していると同時に、「自(おの)ずから」という成り行きに任せる自己をも表している。その両者の「自」が対立することなく、区別されることなく人の中に存在しているのである。「自然」と「自分」との一体性である。まさに日本人の心の中では、自分は自然であり、自然は自分である。「自らは自ずから」となり「自ずからは自らとなる」のである。
 もちろん、これは唐木順三氏からの受け売りである。(2334)
posted by 矢島正見 at 18:17| 我流雑筆

2019年03月17日

現代川柳的名言

 「ハードルは 高ければ高いほど くぐりやすい」
 ネットを見てたら出て来た。笑ってしまった。しかし、これは名言である。大げさに言えば、常識を覆すパラダイム変換である。
 人生行路の目の前にハードルがある。何も考えずに、行こうとすれば、跳び越える人生となろう。もちろん、そこで、たたずんでしまう人生もあろう。
 しかし、先を行くにしても、「跳び超える人生」だけでなく、「くぐり抜ける人生」の選択もあろう。
 跳び越えるのもくぐり抜けるのも、共に先を進む人生だ。ハードルに正面から対決する人生だ。ならば、跳ぶのも人生、くぐるのも人生。跳ばねばならぬ、ということはない。(2333)
posted by 矢島正見 at 12:43| 我流雑筆

2019年03月15日

続々・読む

『心理職・援助職のための法と臨床』ならびに『子育て困難家庭のための多職種協働ガイド―地域での専門職連携教育(IPE)の進め方―』を読む。
 タイトルやサブタイトルに「心理職・援助職のための」「多職種協働ガイド―地域での専門職連携教育(IPE)」とあるように、ともに専門書である。また、「ガイド」とあるように、ともに専門職の方々に対してのハウツウ本である。
 コメントも感想も難しい。『警察官という生き方』のような、一般の方が読んで楽しい本では決してない。ただ、読んだということだけ記しておく。(2332)
posted by 矢島正見 at 11:30| 我流雑筆

2019年03月10日

続・読む

 『警察官という生き方』を読む。
 実に面白い本である。一般大衆向けであり、わくわくして読める。つまらん小説やアニメ、映画よりもよほど面白い。止めらず、夜明け近くまで読んでしまった。(2331)
posted by 矢島正見 at 13:20| 我流雑筆

読む

 『雲の向こうはいつも青空』『不登校日記―僕らの場合』『サイゾー(3月号)』を読む。『不登校日記―僕らの場合』は、この続編が欲しい。(2330)
posted by 矢島正見 at 13:18| 我流雑筆

2019年03月06日

 3月になりました。もうすぐ春です。
 日は随分と長くなりました。嬉しいことです。なんとなく、だんだんと温かくなって来ています。
 でもまだまだ寒いです。冬の終わりにしとしとと降る雨は、無情なほどに冷たい雨です。
 朝、寒くて布団から出られない季節から、「春眠暁を覚えず」の季節に早くなってほしいものです。まもなくです。もうすぐ春です。(2329)
posted by 矢島正見 at 21:39| 我流雑筆

2019年03月01日

『子ども・若者が変わるとき』(下)

 ただし、批判もある。本書の批判ではない。もっと、本質的な批判である。
 近年、「青少年」という言葉が少なくなり、代わりとして「子ども・若者」になってきている。『青少年白書』も今では『子ども・若者白書』である。そして本書でも『子ども・若者』である。
 現在、「幼児」「児童」「少年・少女」「青年」「壮年」「中年」の問題の境界があいまいになってしまっているのである。
 各地方自治体の「青少年条例」での「青少年」は「0歳児から」となっている。
 「ひきこもり」では50歳代のひきこもりが問題化している。
 「子どもの貧困」とは「親の貧困」であり、貧困のまま結婚して子どもをつくった「若者の問題」なのである。
 「保育園が足りない」などは、親の問題なのか、乳幼児の問題なのか、労働問題なのか、育児問題なのか。
 老親に子どもの面倒を見てもらえないとう、いかなる理由があるのか。核家族は果たして理想家族なのか。「愛」だとか「合意」だとかいう理念に囚われず、機能として家族とは何か、ということを考え直す時代に来ているのではないだろうか。(2328)
posted by 矢島正見 at 23:33| 我流雑筆

2019年02月28日

『子ども・若者が変わるとき』(上)

 法務省矯正局編『子ども・若者が変わるとき―育ち・立ち直りを支え導く少年院・少年鑑別所の実践―』という、副題が随分と長い本を読んだ。
 少年院と少年鑑別所の理念・制度・実践活動・等が実にわかりやすく書かれている。特に、実践活動の論考は、さすが現場での熟練教官・心理技官の書いたものであると感心する内容である。
 この一冊を読めば矯正教育がいかなるものであるか、十分に理解し得る。また、少年院や少年鑑別所での近年の新たな取り組みもわかる。他機関連携・地域内官民連携が適切に進んでいる。
 矯正・更生保護活動のボランティアの方々は当然のこと、非行傾向のある子どもを持つ親も必読の書である。(2327)
posted by 矢島正見 at 16:28| 我流雑筆

2019年02月25日

水泳

 4年生の孫とプールに行き、5週間ぶりに泳いだ。
 まずは、柔軟体操。次はプールの出入り口の浅い部分で脚の柔軟体操。そしてプールに入り、様々な歩き方で水中歩行。25mの歩行を10本。
 そしてようやく泳ぎ。平泳ぎとクロールである。今回は平泳ぎが3本、クロールが2本にした(いつもはともに4本)。最後にまた出入り口で柔軟体操。全部でおよそ30分間である。
 プールまでは往復徒歩約6キロ。かなりの運動量である。(2326)
posted by 矢島正見 at 19:14| 我流雑筆

2019年02月21日

『若い詩人の肖像』C/4(完)

 第二に、登場する人物が全く異なる。『放浪記』には、無名の人間ばかり出てくる。自称詩人は出てくるが、まったくの無名である。林フミコ自身詩を書いてはいるが、これもほぼ無名である。
 伊藤整は既に小樽時代に『雪明かりの路』を自費出版しており、東京でも詩人仲間ではそれなりに名前が売れている。そして、『若い詩人の肖像』に登場してくる人物が『放浪記』とは決定的に異なる。若き日の小林多喜二、北川冬彦、梶井基次郎、三好達治、等である。
 さらに伊藤整は小樽では最高のエリート学校である小樽高等商業学校を成績優秀で卒業し、小樽の中学校の教員をし、その教員を辞めてまで東京商科大学(今の一橋大学)の学生となる。飢える不安などまったくない。
 フミコは5円・10円の金が欲しくてたまらない。50円あったらなんて幸せなんだろうと夢見る。伊藤整は教員時代120円の給料を得ている。
 共通なのは、二人とも詩人になりたいという野望を抱いて、青春を過ごしたということである。そしてさらに、二人とも詩人ではなく、作家になったということである。ただし、伊藤整は東京工業大学教授、日本学術員会員、等の栄誉を獲得している。
 なお、小説中に出てくる伊藤整の詩は、私にとってはつまらなかった。ただ、気取っているだけである。文中「太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪降り積む。次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪降り積む」という三好達治の詩を、伊藤整は梶井基次郎と共に絶賛している。そして「私は三好達治の中に本質的な詩人がいるように感じた」と書いている。ここは私もよくわかる。(2325)
posted by 矢島正見 at 12:25| 我流雑筆

2019年02月19日

『若い詩人の肖像』B/4

 林フミコが『放浪記』を書いて、林芙美子となり一躍有名になったのは26歳のことである。林芙美子は林フミコをほぼ忠実に再現している。同時代の体験を同時代の感性・感情で描いている。一方、伊藤整(いとう せい)は、1954年から1956年(49歳から51歳)にかけて、若き頃の伊藤整(いとう ひとし)のことを、回想録風の小説として、しっかりと構成して描いている。そこが決定的に異なる。
 『放浪記』は日記体で書かれており、林フミコの感情の吐き出しそのものである。自己の生活を自分自身の視点から見ている。客観的な自己分析などない。一方的な自己感情表出小説であり、時代も状況も、ときには場面もわからずに、時間の流れもストーリー展開もよくわからないことが多い。
 伊藤整は、第三者の視点から自己分析をし、自己の感情を客観的に描いている。小樽の情景もよくわかり、時間の流れもストーリー展開も極めて明瞭である。
 さらに大正から昭和にかけての日本の詩文学の時代性もわかる。読んでいて、当時の若い詩人にとっては、この時代の詩の潮流というものをこのように認識していたのか、と納得する。島崎藤村を代表とする抒情詩の終末期であり、プロレタリア文学の最盛期を迎えようとしていた時代と絡めて、自己の青春の欲望・不安・焦りが見事に描かれている。
 若い女の文章と大人の男の文章の違い、無名の作家の文章と作家・文芸評論家として名声を確立させた文学者の文章の違いである。(2324)
posted by 矢島正見 at 00:44| 我流雑筆

2019年02月16日

発表会と陸上競技大会

 二人の孫、同時の晴れ舞台。
 2歳の孫の保育園の発表会。真ん中にいるのは孫の「あーちゃん」。全員の服装といくらか異なる。それが真ん中にいる。
 名前を呼ばれたときから差が現れていた。片手をまっすぐ上げて「はい」。
 踊りが始まった。すべて完璧に踊ったのは「あーちゃん」ただ一人。2歳児保育だけでなく他の保育児の親たちも、おそらく芸能界の総選挙一位のトップが中心のあのスタイルだったのでは、と勘違いしたのではないだろうか。実に輝いていた。
 それが午前中。午後からは横浜線で小机に。
 小学4年生の孫は「横浜ちびっこ駅伝大会」に出場。あの横浜は小机にある日産スタジアムにて「ロードレース(1600m)4年男子部門」に参加。各学校のえりすぐれた参加選手120人中25位という成績を収めた。競技場に帰って来てからのラストスパートで4人を抜いてのゴールであった。大したものである。
 夜は、お好み焼き屋で夕食。二人の孫の大奮闘で、今夜はじいじのポケットマネーでの大奮発であった。(2323)
posted by 矢島正見 at 23:58| 我流雑筆

2019年02月15日

怪我・続々報

 歯医者にて最初に歯のレントゲンを撮ったときには「異常なし」と言われた。しかし、2回目に行ったとき、前歯の一本が未だぐらぐらしているということで、再度レントゲンを撮った。
 その結果、前歯の一本が根本で折れていることが判明した。
 「治療してみるが、ダメな場合は歯を抜かなければならない」と言う。さてさて困ったものである。(2322)
posted by 矢島正見 at 19:20| 我流雑筆