2020年06月03日

『日本名城伝』

 海音寺潮五郎の『日本名城伝』を読む。『悪人列伝 古代編』の解説を書いていたら、読みたくなり、読んでしまった。

 『熊本城』:既に記したことだが、佐々成政、加藤清正、細川忠利、その後様々な歴史を経て明治維新。西南の役で西郷が敗れたのは、谷干城の熊本城を甘く見たことである。
 小説では、谷干城少将を熊本鎮台司令官に採用したのは「明治政府の最優秀人事といわれている」、と述べられている。名将の立て籠もる名城は、安易に落ちるものではない。

 『高知城』『富山城』:山之内一豊はどう評価しても小者である。『武将列伝』にも『悪人列伝』にも入らない。だまして大虐殺するという統治の仕方は、禍根を残すだけである。
 柴田も佐々も、こうした汚い手を使ったがゆえに、羽柴秀吉に天下を取られてしまうのである。しかし、山之内一豊は柴田よりも佐々よりもひどい。次元が低い。大河ドラマの主人公になるべき存在ではない。
 女が主人公で登場したがゆえに大河ドラマに取り入れられたに過ぎない。女の機嫌取りのドラマはだから面白くない。まんべんなく視聴率を稼ごうとするNHKの魂胆はもう破綻している。
これからは、年齢を中高年に絞り、女だけをターゲットにしての大河ドラマと男だけに絞っての大河ドラマとを隔年おきに放送すればいい。若者はどうせ見やしない。

 『五稜郭』:日本を襲撃した元の大艦隊は台風によって全滅した。そして榎本武揚の敗北も台風のためである。二度の強風に遭遇することが無かったら、北海道は独立国家となり、イギリス・フランスは蝦夷国(?)として国際的に承認し、その後、しばらくの間は、日本と戦争していたかもしれない。蝦夷国独立戦争である。

 海音寺潮五郎の史伝の魅力は、こちらの想像をかき立てることにある。既に、作家が想像たくましくウソでたらめを書いていては、こちらの想像は成り立たない。史実に近いところで、展開しているからこそ、新たな創造が生まれるのである。
 読者に面白がられるだけでなく、読者に知的刺激を与えるのが海音寺潮五郎の史伝である。(2485)
posted by 矢島正見 at 22:34| 我流雑筆