2020年02月28日

「宇宙の始まり、ブラックホールについての一番分かりやすい解説!」@/3

「宇宙の始まり、ブラックホールについての一番分かりやすい解説!」@/3
                          (更新日: 2015年02月14日)
 ネットで調べていたら、随分と分かりやすい簡潔な解説が見つかった。それで、転載してみる。ネットの解説自体が引用なので、これは孫引きである。

「この記事は私がまとめました。」
「ネットでよく「簡単に説明」って書いてあるけど、その説明が難しすぎて分からないってことありますよね……」
「そこで、無知だった自分が宇宙を調べた結果、分かりやすい表現だけを集めて、わかーりやすく宇宙についてまとめてみました!」

【宇宙の誕生】
「約137億年前。宇宙の誕生以前、時間も空間もない「無」があった。」
「最新の物理学では「何も無い」状態=「プラスとマイナスの粒子が相殺されてゼロになっている」状態と考える。」(出典 《永久保存版!びっくり宇宙豆知識》)

「粒子=物質を構成している微細なつぶ。素粒子・原子・分子など。」
「原子=宇宙にあるすべてのものは、原子という小さなつぶからできています。全部で100種類ほどの原子がさまざまに組み合わされて、この宇宙のすべての物質がつくられている。」
「相殺されているというのを、食べ物に例えると「わんこそば」と同じで、出されたものを次々食べていくので、蕎麦は常に無い状態になる事と同じ。」(出典 wired.jp)

「「無」は文字通り何も無いのではなく、素粒子よりも小さな粒子が絶えず『生まれては消える』ので、結果的にその揺らぎが『無に見える』だけということ。これなら何も無いはずの「無」から、宇宙が生まれても説明がつく。」
「素粒子=物質を構成する最小の単位のことである。」
「ゆらぎ=有ったり無かったりすること。」(出典 ja.wikipedia.org)

【宇宙の膨張】
「無から有の状態になった宇宙の卵は、またすぐ無へと戻るのがふつうですが、ある確率を持って無へと戻らず急激な膨張を始める宇宙があった。それが、宇宙の始まりの瞬間。膨張を始めた宇宙は、誕生直後に急激な膨張期、インフレーション期を迎えた。」(出典 無のゆらぎから宇宙は生まれる)
「宇宙の誕生は偶然だったのですね!」(出典 www.athome-academy.jp)

「インフレーション理論とは、一瞬光速を越える速度で宇宙が膨張したと考える理論。」
「誕生時の宇宙の大きさは0.000000000000000000000000000000001cm。時間は10-44(0.00000000000000000000000000000000000000000001秒、これは物理学の最小単位)から始まった。続いてすぐに「重力」が生まれた。」(出典 《永久保存版!びっくり宇宙豆知識》)

「初期宇宙は、光速を超えるスピードで急激に膨張し始める(宇宙のインフレーション)。
宇宙は1秒の1兆分の1をさらに1兆分の1にして、またさらに10億分の1以下にした、とてつもなくわずかの時間の急膨張で、イッキに直径1pになった。」(出典 《永久保存版!びっくり宇宙豆知識》)

「この膨張率を別の例に置き換えると、1ミリのゴマが1000億光年の大きさになったようなもの!」
「さっきから出てくる光の速さとは?」
「光が1年に進む距離を「1光年」。光は1秒に約30万km進む(地球を約7周半する)。1年ではなんと9兆4600億km。」(出典 宇宙の歴史がつまった「星空」。出典 www.carbondice.com)

【ビックバン?】
「急膨張が収まると、「真空のエネルギー」は莫大な「熱のエネルギー」として開放され、宇宙は火の玉(1cmなのに100兆X100兆度)となった=ビッグバン。」
「1兆分の1秒後、宇宙が広がるにつれ温度が下がる。火の玉は千兆度になり、陽電子が誕生。」
「陽電子=電子の反粒子です。」
「電子=宇宙を構成する素粒子のうちの一つ。素粒子の中で電荷を持つ一番軽い粒子。」
「反粒子=ある素粒子と比較して、質量とスピンが等しく、電荷など正負の属性が逆の粒子を言う。」
「遠い星ほど地球から、遠ざかっていく事が判りました。逆算すると、135億年前に宇宙の全部は、一点に集まっていた。」(出典 spaceinfo.jaxa.jp)(2442)
posted by 矢島正見 at 10:10| 我流雑筆