2020年01月20日

『反日種族主義―日韓危機の根源』

 『反日種族主義―日韓危機の根源』を読む。
韓国でベストセラーとなり、韓国民からの総批判を受けたという書の翻訳本であり、日本でもベストセラーとのこと。どんな本か、一読してみた。

 なかなか面白い本であるし、ここに書かれていることはほぼすべて正しいであろう。特殊領域正義イデオロギストがいかに危険な存在であるかがよくわかる書である。しかも、国家が長い間それを推進してきたとなるとなおさらである。

 北の場合は、独裁者は大問題であるが、南は政治家も研究者も教育者も人々も全て問題である、と言わざるを得ない。ある種の集団ヒステリー状態に陥っている。
 そして、そのような南と日本はよく似ている。日本でも、慰安婦問題のイデオロギストの研究者を祭り上げ、新聞は独善的正義イデオロギーで記事を書き、政治家は謝り、人びとはそれが当然のことと、つい十数年前までは思っていたのである。

 本書は既に書籍や論文にて公表されている事実を寄せ集めたものに過ぎない。それを体系化して整理したに過ぎない。よって、新たなる発見が展開されているわけではない。
 しかし、学術雑誌や学術書を読むような人はごくわずかのその領域の研究者である。しかも、本書の元になった論文等の執筆者は、韓国の学会では反主流派の少数派であるという。したがってほとんどの国民はこうした論文があることすら知らなかったであろう。
 本書の意義はそこにある。何も知らずに、本当のことだと思い込んでいる大衆への啓蒙書であり、警告の書である。それ故に、体系化して整理し、しかもわかりやすく読み易い一般書にしたのであろう。

 極端な正義、特に人々の正義の感情に訴える劇場型の正義は、右も左も危険である。昔も今も、実証主義・科学主義が学問の王道である。(2431)
posted by 矢島正見 at 12:37| 我流雑筆