2019年12月30日

『平成の青少年問題』

 ようやく『平成の青少年問題』が出た。12月23日に出来上がった。予定よりもひと月半の遅れになってしまった。
 10月に学文社から出た日本社会病理学会監修の『社会病理学の足跡と再構成』も生みの苦しみを味わったが、今回も苦しかった。
 編著者は私も含めて3名だが、実際に編集したのは私である。しかも、それだけでなく、本書の論述構成も、執筆者との連絡も、印刷所との交渉も、チラシの配布も販売もほぼすべて私一人で行った。「初出一覧」も「執筆者一覧」も「奥付」まで私が作成した。つまり、通常は出版社の編集校正担当社員と販売宣伝担当社員がすることも私がしたわけである。
 本書は自費出版もどきの本である。ある財団から助成金をいただき、200部限定出版とし、しかも書店や通販を通さない一般財団法人青少年問題研究会直販とした。
 しかし、実に立派な本に仕上がった。320頁ほどの堂々とした書籍が出来上がった。体裁も美しい。これで引退に一歩近づいた。嬉しい限りである。(2422)
posted by 矢島正見 at 00:57| 我流雑筆