2019年11月14日

『墨東綺譚』D/5(完)

 今ひとつ面白かったのは、「年譜」である。これを丹念に眺めていると、色々と思い浮かんでくる。
 ものすごい家柄であり、裕福な家に生まれている。国家高級官僚のエリート家系である。この頃の国家高級官僚は、今の時代の高級官僚とはレベルが違う。この点は太宰治と類似する。ダメなところも同じである。

 しかし、やはり違う。永井家は、近代日本社会の中心にいるエリートである。そこで、本人の自覚と努力とは無関係に、無理に学校に行かされ、無理にアメリカに留学させられ、フランスに留学させられ(親は実利学を学ばせるため、本人は好色のため、具体的に言えば、白人の女を抱くため)、無理やりに大企業に職を与え(本人はやる気まったくなし。そこで解雇される)、様々な地位・身分を与えられている(いや、与えてもらっている)。道楽息子に対して、実に甘い。父親だけでなく、母親が甘かったようである。
 太宰の実家はそうではなかった。そこまで面倒を見ていない。それは時代の最先端を行くエリートと地方の富豪との大きな差である。金があるか否かだけでなく、子どもへの先行投資の考えの違いであり、社会関係資本がどれほどあるかの差である。

 しかし、それだけではない。永井荷風は永井家の長男として生まれた。末弟が欧米から帰国した時には、荷風は既にどうしようもない放蕩息子になっていたが、それが許されていた。これでは末弟(おそらく実直な末弟)とケンカ別れするのも当たり前である。しかし、ケンカ別れだけであり、長男としての自己の地位と衣食住は豊かに与えられている。贅沢三昧の日々である。
 太宰の場合、六男として生まれている。一家を引き継いだのは長男である。荷風のような国家官僚ではない。地方の富豪では家を継いだ者が絶対的である。太宰は、長男に屈しなければならなかった。さもなければ一銭もふところに入ってこない。こうして、突然に貧乏の生活に陥った。そこが大きな違いである。
 荷風が末子であり、けんか別れした末子が長男であったなら、そして国家官僚ではなく、地方の富豪であったなら、荷風はいなかった。太宰はそれでもいられたが、荷風はただ捨てられただけの存在であったろう。アメリカ留学もフランス留学もなく、好きなけいこごとに励むことも出来なかったであろう。

 一度、落語家になろうとしたようだが、古今亭志ん生のような絶望的な貧乏を体験しなければ、落語の味など出てくるものではない。志ん生も、直参旗本の倅であるが、勘当されている。既に十代から実家との縁を切って(切られて)生き抜いた。
 荷風は、女を買い、妾を囲み、離婚し、妾と結婚し、それとも離婚し、女郎屋通いをし、親の危篤も女郎屋にいて知らず、実家の家を勝手に売り払い、好きなだけ金を使い、そうすればだれでも女にもてるはずなのだが、その自覚もたいしてなく、80歳まで生きた男である。
 人の人生など、「環境」としか言いようがない。才能に恵まれない荷風もあり得なかったが、環境に恵まれない荷風もあり得なかった。それを「昭和文学屈指の名作」とは、文芸評論家はどうも文芸だけわかれば成り立つ商売のようである。(2408)
posted by 矢島正見 at 18:27| 我流雑筆