2019年09月27日

『刀』

 白石一郎『刀―十時半睡事件張』(第三弾)を読む。
 『包丁ざむらい―十時半睡事件張』(第一弾)は長塚節『土』を読んだ後に、『観音妖女―十時半睡事件張』(第二弾)は唐木順三の困難な本を読んだ後に、そして今回は宮尾登美子の『櫂』『春燈』『朱夏』を読んでからである。難しい小説や評論を読んだ後の肩のコリをほぐすには最適の本である。
 「解説」で石井富士弥氏は、十時半睡の風貌や顔つきが小説では描かれていない、と指摘する。そして、もし『十時半睡事件張』が映画化されたら誰が演じるのか当てて観たいと趣向を提示する。
 出て来た映画スターは、解説の石井氏が白石一郎と同年ということで、今では実に古いのだが、月形龍之介、大河内伝次郎、坂東妻三郎、さらに、勝新太郎、仲代達也、三国連太郎、森繁久彌、渥美清、笠智衆と、名前が挙がる。
 その後、NHKにて『十時半睡事件張』が放映されたが、半睡を演じたのは島田省吾であった。実に適役であった。文庫本の表紙は月形龍之介似である。
 私なら、宇野重吉、片岡千恵蔵を付け加えたい。
 現在の俳優の名前はほとんど知らない。顔はわかるのだが、名前がわからない。しかし、一人この人と言う人を挙げてみる。宇野重吉の息子の寺尾聡である。彼ならぴったりの役柄と思う。なお、ネットで寺尾聡を調べてみたら、横浜市保土ヶ谷区の出身であった。これには驚き。(2391)
posted by 矢島正見 at 12:15| 我流雑筆