2019年07月22日

『櫂』B/3(完)

 宮尾登美子の小説を読むのは、これで2度目である。最初に読んだのは『鬼龍院花子の生涯』である。この小説は、それなりにすっきりしていた。物語のテンポも速かった。
 この小説は1982年に文春文庫から出ており、1982年に映画化されているので、おそらく1983-4年に読んだものと思われる。映画での夏目雅子の「なめたらいかんぜよ」というセリフが当時評判となった。それに触発されて読んだという記憶があるのだが、映画自体は観ていない。この映画は夏目雅子を永遠の女優にした作であり、宮尾登美子を売れっ子の作家とした作である。
 今回の『櫂(かい)』は1973年に出されたものであり、『鬼龍院花子の生涯』よりも早く出版されている。しかし、『鬼龍院花子の生涯』が映画化されなかったら、そして読まなかったら、私は決して『櫂』は読まなかったであろう。
 この小説は三部作(ないしは四部作)と言われている。あとの二部の文庫本を持っている。したがって、読もうと思えばいつでも読める。しかし、読むか否かはわからない。超忙しい最中に読むのでは、さらに頭を疲れさせるだけである。藤沢周平のような短編小説がいい。(2369)
posted by 矢島正見 at 18:49| 我流雑筆