2019年04月29日

日本芸術文化史概略メモ―唐木順三@

(随分と以前に書いたもので、未掲載であるものを掲載します。「囲む会」のお知らせは、今後も随時掲載します。)

 少しばかし、唐木順三に熱中してしまった。しばらくは、唐木順三から離れることにする。そこで、まとめというわけではないが、メモを書いてみた。

「みやび(雅)」…平安王朝文化…芸術地上主義・絢爛豪華・優雅。典型:藤原定家。
「すき(数寄)」…平安末期・鎌倉文化…風流・枯れた美・籠もりの生。典型:鴨長明。
「すさび(荒び)」…鎌倉末期・室町南北朝文化…無常・漂流・捨ての生。典型:一遍、西行。兼好法師。
「さび(寂)」…室町後期・戦国・江戸初期文化…創造的無、すさびの芸術化。典型:世阿弥、芭蕉。
「わび(侘)」…戦国後期・江戸初期文化…反雅。反権力。対抗文化。巨大対狭小・派手対地味・豊富対欠乏・豪奢対謙虚。典型:豊臣秀吉対千利休、狩野永徳対長谷川等伯。
「いき(粋)」…江戸文化…町人俗文化・町人文化の雅(みやび)化。「憂世」から「浮世」。浮世絵、遊郭。
 私としては、「すき(数寄)」と「いき(粋)」の人生を好む。「みやび」は堅っ苦しいし、身分と金が必要。そんな世界はご免被る。「すさび」は引き付けられるが、野垂れ死にの覚悟がいる。生活に困らない優雅なすさび、ならばよいのだが。「わび」は芸術的野心家の反体制的気取りだ。いかにも「芸術家」といった過剰自意識が気に食わない。(2345)
posted by 矢島正見 at 22:19| 我流雑筆