2019年03月29日

『中世の文学』

 唐木順三『中世の文学』を読む。「中世文学の展開」「鴨長明」「兼好」「一休」は良かった。「世阿弥」「道元」「芭蕉への道」は、よくわからなかった。
 唐木順三の著作の中では、仏教の開祖として道元、法然、親鸞、一遍は登場するが、最澄、空海、栄西、日蓮は出て来ない。唐木は道元と一遍を高く評価しているようだ。私としては一遍である。一遍はどこか若山牧水に通じるところがある。
 僧侶としては西行法師、鴨長明(法名は蓮胤)、一休禅師、兼好法師が論じられている。歌人・俳人・芸人としては世阿弥と芭蕉が高く評価されている。
 私としては、鴨長明と兼好法師である。

 鴨長明は、幼年の折、父を亡くしたがゆえに、跡目争いに敗れ、父の跡を継ぐことが出来ず、失脚する。その後出世を望み、和歌を詠み、琵琶を弾き、藤原定家を頂点とした宮中の伝統的和歌を懸命に真似るものの、ついには出世の道を閉ざされる。
 失意の中で、鎌倉の源実朝の元に行くも職を得ること叶わず、力尽き果て、京の日野の方丈庵(一丈四方)にて隠遁の生活に入り、そこで亡くなる。欲望と挫折の人生だったのである。
 『方丈記』は方丈の庵にて書かれたものである。
 以前、『方丈記』を読んで感銘した覚えがある。今回、彼のこうした生涯を重ね合わせてみると、『方丈記』の暗く重たい内容が、長明の生きた時代の暗さ・重さと長明自身の人生そのものから発した暗さ・重さであることがよくわかる。
 「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし」の出だしは、欲望と挫折の末に行きついたが無常である。
 下加茂神社境内に方丈庵の復元が展示されているらしい。京都に行った折には見に行きたいものである。写真で見ると、3メートル四方の広さではあるが、なかなか洒落ている。もっとも、ボットン便所がどこにあるのかははっきりしない。

 兼好法師(吉田兼好)の『徒然草』は軽い。軽妙洒脱である。生きるもがきや苦しみがない。当事者の視点でなく外部の達観した目線で世を評論している。
 その眼差しは優しいようでいて、冷たい。貫徹したデカダンスであり、ニヒリズムである。
 出世・名声はもちろんのこと、芸も宗教も望まない。その点は、歌人のような芸への執着がなく、僧侶のような仏教への執着がない。世の中に対しても自分自身に対してもシニカルである。日本の室町時代のショーペンハウエル、ニーチェである。
 「つれづれなるまゝに、日ぐらし硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書き付くれば、あやしうこそ物狂ほしけれ」という出だしも、長明とは全く異なっている。
 〈つまらない時代に、つまらなく生きた、つまらない俺が、つまらないままに、つまらないものを書いたので、つまらないあんたたちも、まあひとつ、つまらなく読んでやってくれ〉、といったところである。(2338)
posted by 矢島正見 at 11:18| 我流雑筆