2019年03月23日

『古きをたづねて』

 唐木順三の『古きをたづねて』を読む。「たづねて」とあるが、学術的随筆であり文学論であり、紀行文ではない。六つの随筆と付録から構成されている。「二月堂の修二會」「由良」「熊野」「後鳥羽院と定家並びに西行・長明」が良かった。
 「二月堂の修二會」では「行基」と「役小角(えんのおづの)」(一般には「役行者(えんのぎょうじゃ))との対比が面白い。共に民を「妖惑」する「外道」として王朝政権から追放されながら(ともに伊豆に流される)、行基はその後大僧正として迎えられ、役小角は招きを辞退して修験道の開祖となる。
 この両者を対比するような映画があってもよい(既にあるのかもしれないが)。
 「由良」は「覚心」と「一遍」の出会いである。「智眞房一遍」の念仏開眼がこの由良であったという。ちなみに、この時一遍は妾とその娘を連れての旅であった。
 「熊野」にも一遍が登場する。唐木順三の一遍への関心はなみなみならない。なお、一遍の死後、時宗の僧は従軍僧として、戦場での死体の片付け等をしていたとのこと。初耳であるが、理解し得る。踊念仏の僧や信者には、エタ・ヒニンが多くいたということがわかっているからだ。そういうことでは、最下層の人たちが信心した宗教だったのかもしれない。
 「後鳥羽院と定家並びに西行・長明」は後鳥羽院と藤原定家の和歌での対立を描いたものである。ここでは「みやび」最後の後鳥羽院と「すき」への西行の時代移行が面白い。(2336)
posted by 矢島正見 at 21:52| 我流雑筆