2019年02月14日

『若い詩人の肖像』A/4

 小樽中学の高学年時代から小樽高等商業学校時代、小樽中学の教員時代、そして東京商科大学一年生までの自伝小説である。面白かった。性的なストーリーはもちろんあるが(ただし、描写は実にあいまい)、詩人を志す青年の欲望と不安の日々が主なテーマである。
 林芙美子の『放浪記』と比較してみると、実にその違いが明確化されて、面白い。
 『放浪記』は、林フミコが大正11(1922)年から大正15(1926)年のおよそ5年間に書いた日記に基づいての自伝小説である。フミコ(のちに「芙美子」)、満で19歳から23歳の日記である。
 伊藤整の『若い詩人の肖像』は、大正11(1922)年から昭和3(1928)年のおよそ7年間、数えで18歳から24歳までのことである。ほとんど、時代も年齢も重なる。しかし、まったく違う。(2321)
posted by 矢島正見 at 02:08| 我流雑筆