2018年10月30日

『最終戦争論』

 石原莞爾『最終戦争論』を読んだ。
 石原莞爾といっても、知る人は少ないであろう。満州王国をつくった立役者である。北一輝ほどの論客ではないが、実行力は彼以上であった。東条英機ほどの馬鹿(石原の言)ではないが、東条ほどの政治権力はなかった。その石原莞爾の『最終戦争論』を読んだ。
 いつの時代にもいるような人物だ。幕末にも随分といた存在だ。今では英雄とされている幕末の志士たちは勝海舟を除いては、皆、石原と基本的にはまったく同じと思える。成功した者と失敗した者との差である。もちろん、日清・日露戦争の頃にも当然いた。無数にいたであろう。そして数名はやはり英雄とされている。
 優等生であり、秀才であり、努力の人であり、天皇崇拝の帝国主義者であり、正義のイデオロギストであり、誇大妄想の理想主義者であり、統率力があり、人を動かす才があり、政治策略家であり、一か八かの冒険主義者であった。
 彼の天皇史観を削除し、冒険主義を薄め、時代認識を現代に当てはめて修正すれば、今でも彼の言っているようなことを論じている偉い人たちが右にも左にもかなりいる。
 そういう人たちが成功し名を成すか、とんでもない犯罪人になるかは、歴史次第である。もちろん、人類の歴史が断絶しないという前提であるが。(2285)
posted by 矢島正見 at 12:57| 我流雑筆