2018年09月03日

『若山牧水』G

 牧水最後の地、駿河湾千本松原、戦前までは絶景だったという。「長さにして4里半、幅は百間以上」だったという。
 「今はもう見る影もない」とは、その地に生まれた大岡氏の言だが、それでも何故か、世界遺産となっている。自然を破壊したのも人間の欲、世界遺産にしたのも人間の欲である。
 日本は太平洋戦争からおかしくなったのでなく、明治維新からおかしくなったのである。そのおかしさは今でも続いている。(2264)
posted by 矢島正見 at 00:29| 我流雑筆