2018年07月29日

『シッダールタ』

 ヘルマン・ヘッセ『シッダールタ』を読んだ。今から50年ほど前に『車輪の下』を読んで感動した。今回は、残念ながら、面白くなく、途中飛ばし飛ばし読んだ。
 背景の思想に無理がある。それを物語化するのにも無理がある。今ならば、出来の悪い小説なのだが、当時の思想状況では、絶賛されたのであろう。文学などというものはそんなものである。ヘッセだけではない。
 私が老いたことが一因であろう。しかし、今の若い人でも面白いと思う人はごく少ないのではないだろうか。感動するなど、皆無かもしれない。時代がこのような小説を求めなくなったのであろう。
 既に時代は純文学の時代ではない。「文学自体が問われている」なんてずっと以前言われていたが、今はそんないい加減な時代ではない。文学無用時代になりつつある。少なくとも「純文学」は死滅している。シロウトが、喜怒哀楽を過激に告白した方が感動する時代である。
 このような時代では、ノーベル平和賞とともにノーベル文学賞も、もはや不要であろう。少なくとも、毎年無理して選出する必要はない。いや、受賞者不在の文学賞を授与してもいい。例えば、「今年のノーベル文学賞受賞者、紫式部」とか。(2249)
posted by 矢島正見 at 17:39| 我流雑筆