2018年04月29日

『居場所』

 『居場所―生の回復と充溢のトポス』を読んだ。これは一般読者向けに書かれており、わかりやすい本である。テーマも『居場所』なので、一般の人たちの興味あるところであろう。しかもお値段も手ごろである。(2217)
posted by 矢島正見 at 23:22| 我流雑筆