2018年02月04日

織田作之助『木の都』

 織田にしては情緒あふれる作品だ。他とやや異なる。「思い出の記」という風味がある。落ち着いた作品である。(2174)
posted by 矢島正見 at 11:55| 我流雑筆