2018年01月27日

「別格」大寒気

 50年ぶり近い寒気が日本を襲った。一晩だけでなく、5日間続いた。日本全国をほぼすっぽりと包み込んだ大寒波だ。
 25日は都心で−4度だったという。その後も−4度、−3度と続いた。NHKのニュースでは「別格寒気」と言っていた。すさまじい寒気だ。
 子どもの頃の記憶では、軒下につららが垂れ下がり、水たまりが凍り、バケツの水が凍り、水道が凍り付き、風呂屋の帰りに手ぬぐいが凍ってしまったが、それと同等か、もしくはそれ以上の寒気である。実に久しぶりである。(2168)
posted by 矢島正見 at 11:33| 我流雑筆