2017年12月01日

シンゴジラE

 諸外国からの介入はアメリカに限定されている。その他の国からの「援助・支援」という形での軍事介入の動き描かれていない。具体的には、中国、ロシア、北朝鮮の介入である。
 こうしたことが描かれていれば、ゴジラ死滅作戦は極めて複雑化するし、高度な政治判断が要求されるし、一刻の猶予もならない迅速かつ巨大な国家政策であることが、さらに重きをもって描くことが出来たであろう。
 ただし、良心的に解釈すれば、こうしたことは国際問題化する虞があるので、アメリカだけに限定した、と理解し得る。(1244)
posted by 矢島正見 at 12:34| 我流雑筆