2017年07月30日

以前の記述B 「ハラキリ」発言

「男ならハラキリしろ!」ロシア副首相が北方領土問題で挑発 「騒いでいるだけ」と侮辱(産経新聞2015年 8月24日(月)19時53分配信 )

「ロシアのロゴジン副首相は23日夜、メドベージェフ首相による北方領土・択捉島への上陸に日本政府が抗議したことに対し、自身のツイッターで「ハラキリ(切腹)」という言葉を使って日本を批判した。」
「ロゴジン氏は「本当の(日本の)男なら、伝統に従ってハラキリをして落ち着いたらいい。今はただ騒いでいる」と侮蔑的な表現を使った。」
「メドベージェフ氏は22日、択捉島に空路で上陸。抗議した日本政府に対し、露外務省は「第二次大戦の結果に異論を唱え続けている」などと批判している。」(モスクワ 黒川信雄)

 他国の領土を侵略しておいて、このような発言が堂々とできるのは、勝戦国であり、強国だからである。また、日本にさほど脅威を感じていないからである。おそらく日本が憲法の第九条を変えても、この横柄な態度(時に狡猾な政略)は変わることはないであろう。
 もしこんなことを日本の首相が近隣の国に対して言ったなら、その国の政府とマスコミと国民は大騒ぎするはずだ(もちろん、日本の政治家もマスコミも国民も大騒ぎするが)。そして、何年も執拗にこの発言を引き出してきて、政治的に利用するはずだ。
 他国のミス発言を政治利用して優位に立とうという狡猾な政治戦略を持たない日本は実に聖人君子の国である。しかし、こうした政府もマスコミも国民もおとなしく寛容な日本は、政治の切り札の使い方がわからない国であり、国際的にみれば政治音痴な国なのかもしれない。
 もっとも、聖人君子の国にしては、ミウチ(国会内)のもめごとは絶えることないが。(2113)
posted by 矢島正見 at 14:56| 我流雑筆