2016年10月03日

低階層・周辺層若者の弱者批判@

 ここ数年、低階層・周辺層の人たち(特に若年層の人たち)による社会的弱者批判が強まっているように思える。
 マスコミや政府や福祉関係の人びとが社会的弱者に配慮すればするほど、もしくは配慮することが正義であり・正しいことと主張すればするほど、批判は高まって来るように思われる。
 善(理想)が悪(反動・副作用)を生むという逆機能が顕在化してきているように思われる。(2003)
posted by 矢島正見 at 16:11| 我流雑筆