2016年08月10日

学会大会若手自由報告A

 自由報告はしても懇親会には出席しない。他の研究者と交わろうなどという気は毛頭ない。その学会で研究活動を続けて行こうという意思が全くない。
 腰掛会員である。やはり数年後には辞めていく。しかも学会費を滞納して。(1980)
posted by 矢島正見 at 14:17| 我流雑筆