2016年08月07日

学会大会若手自由報告@

 学会の大会の自由報告で、若手研究者がパワーポイントで報告する。印字物は何もない。次から次へと画面が変わっていく。じっくりと読んでいる時間など与えない。そして報告終了。当然、誰も質問しない。
 初めから、質問など期待していないのだ。いやそれどころか、聞かれてはまずいのだ。大会で報告したという実績が欲しいだけなのである。
 こういう若手研究者は1−2年後には会費を払わなくなり、自然退会していく。報告のために一時的に入会したのだから。(1979)
posted by 矢島正見 at 10:47| 我流雑筆