2016年07月31日

金子常規『兵器と戦術の日本史』「第九章」C

 以上をもって終わりとする。
 本書はどれほどの信用性があるかいささか疑問ではあるものの、日本史の別の見方を私に提供してくれた。
 特に、弥生時代から古墳時代にかけてのヤマト統一国家成立に至る戦国時代の半島―列島覇権史、東国縄文文化諸国侵略・征服史、そして征韓・征台がらみの幕末・維新史は面白い。(1975)
posted by 矢島正見 at 10:19| 我流雑筆