2016年07月28日

金子常規『兵器と戦術の日本史』「第九章」@

 「第九章 太政官徴兵軍勝利す――西南戦争」。このタイトルはごく平凡である。ただし、内容は面白い。ここでも「ほんまかいな」というところが、随所に登場する。
 倒幕戦争当時から官軍は既に征韓・征台構想を持っていたという。日本を統一したら次は韓国と台湾を征服するという構想である。「征韓は維新の一部」ということだ。岩倉も木戸も大久保も西郷も帝国主義者であったと言えよう。
 私の今までの知識である、西郷が征韓論者で、岩倉・木戸・大久保に反対され、権力闘争に敗れ鹿児島に下った、という見解ではない。征韓・征台の主流派は木戸を中心とした長州だったというのだ。金子氏の記述は薩摩善・長州悪の傾向を示す。(1972)
posted by 矢島正見 at 00:33| 我流雑筆