2016年06月18日

近頃の大学教員はC

 学生と酒を飲まなくなった。飲んだとしても2次会には行かない。そもそも学生自身2次会をしない。研究室で学生と飲むなんてこともなくなった。なお、20歳未満の学生との飲酒は禁止である。
 決まり通りに授業するが、学生とそれ以上の個人的な付き合いはしない。学生もそれを望まない。
 アメリカの教員に似てきた。教員に対する評価も似てきている。教員と学生の関係も似てきている。合理的・功利的な関係と制度的運営・評価がまかり通るようになった。
⇒私の場合:学生(学部学生、大学院生)との付き合いはきわめて少なくなった。もっとも、これは歳のせいもある。(1954)
posted by 矢島正見 at 13:08| 我流雑筆