2016年04月15日

近頃の大学生は@

 酒を飲まなくなった。飲めないのではなく、飲まないのだ。
 金銭的余裕がなくなったというのが、その理由の一つだ。ただし、それだけではない。20歳未満は、法律で禁止されているから飲まない、という学生が多くいる。10年以上前の学生では考えられないことである。厳格な順法精神が学生に根付いているようだ。
 ある大学で、新入生コンパがあり学生が酒を飲んだのだが、その席にある教員が出席していて大学側から厳重な注意を受けた、という話に対して、「当然のこと」という反応を示す学生がいる。
 20歳過ぎて飲酒が解禁されても学生は飲まない。教員と飲まないだけでなく、仲間とも飲まない。もちろん一人でも飲まない。
 タバコは吸わない。酒は飲まない。ギャンブルもしない。女とのセックス欲望もさほど飢えていない。男の三大道楽とは全く無縁の生活を送っている。私の大学生時代では考えられないことが起こっている。(1933)
posted by 矢島正見 at 14:19| 我流雑筆