2014年12月29日

優先席A

 車内の優先席に座っている人を観察すると、座る資格が十分にある人、軽度にある人、資格のない人の三種に分けることができる。ほぼ、二対三対五だ。私は「軽度にある人」に入る。(1707)
posted by 矢島正見 at 13:32| 我流雑筆