2014年06月02日

下書き

 実を言えば、この「我流雑筆」には下書きがある。三年ほど前から下書きを始めた。
(1602)(1603)(1604)(1607)(1608)などはその典型である。下書きを書いたのは、掲載の数か月も前のことである。(1609)
posted by 矢島正見 at 12:18| 我流雑筆