2014年04月27日

河野談話

 韓国人従軍慰安婦問題で、いわゆる「河野談話」が問題とされているが、あれを推進したのは当時の政府だけではない。
 1990年代初頭のフェミニストイデオロギーの国際的な潮流に乗った研究者やマスコミ関係者、そして一部の日本国民の正義意識が、韓国人従軍慰安婦問題化に走っていったのだ。何故か日本人従軍慰安婦や台湾人従軍慰安婦は問題にされなかった。
 韓国人従軍慰安婦問題で当時の政府を批判するのであれば、流行思想・時代思潮に迎合した国民自らを問題視しなくてはならない。もちろん、マスコミの自己批判が必要である。(1592)
posted by 矢島正見 at 23:19| 我流雑筆