2014年02月06日

下痢D

 5日、朝も昼も食事なし。やや落ち着いたものの、未だにダメ。下痢状態が続く。午後6時、重湯をほんの少々食べた。
 どうなるか、結果が恐ろしかったが、急激な下痢の襲来はなかった。そこで、10時、さらに今少し重湯を食べた。
 夜中の午前1時、大丈夫。眠りにつく。
 正直、こんなにひどい下痢は、人生65年間で記憶がない。大腸癌の手術をしたのち、3週間ほどおしめをし、ベッドに横たわり、便の垂れ流し常態であったが、そしてその時も粘液便であったが、今回ほどにはひどくなかった。(1550)
posted by 矢島正見 at 12:20| 我流雑筆