2013年11月17日

疲れとゆとり

 日本犯罪学会大会終了。あと残るは博士論文審査のみ。
 ようやくゆとりができてきた。こういう時には、たまった疲れがどっと出てくるものだ。この疲れを出し切ると、実に心地好いゆとりとなる。ここしばらくは、今までの疲れの排出期間である。
 思うに、この疲れの排出期間が一番心地好い時期ではないだろうか。もちろん、雑務はいろいろと押し寄せてくるが。(1519)
posted by 矢島正見 at 22:08| 我流雑筆