2013年01月02日

酒疲れ

 大晦日、午後7時頃から飲み始めた。虎徹がお泊りで寝たのが11時。息子夫婦が帰ったのは午前4時頃とのこと。その間、虎徹を寝かせつけるのに20分ほど中断しただけで、ずっと飲み続けていた。息子夫婦が帰って行った記憶はない。その後も一人で飲み続けていたらしい。風呂に入って(入った記憶はないが、出た記憶はある)、寝たのが朝の6時10分頃。
 一日は午後1時まで寝ていて、午後に、長男夫婦と次男夫婦・愛花・太陽・光陽が来て、飲みだして、最初はビールをちびりちびりやっていたが、途中でウイスキーとなり、10時頃まで飲んでいた。風呂に入り四日ぶりに体をよく洗い、寝たのが12時頃。本日二日は午後1時半まで寝ていた。13時間以上寝続けたわけである(1407)
posted by 矢島正見 at 17:20| 我流雑筆