2012年12月30日

義母の死

 12月16日、選挙。その後、日本社会病理学会理事会出席のため京都に行く。その夜、妻と合流し奈良へ。京都にて理事の先生方と飲み、奈良にて妻と飲む。
 17日は法隆寺・中宮寺・法輪寺・法起寺をめぐり、今西で奈良漬を購入。奈良にて妻と飲む。
 18日、興福寺を見学(ただし、金堂は修理中で見られず)、奈良博物館に行く。しかし、義母(妻の母)の様態が悪化したとの知らせを受け、妻は帰ることにする。
 数日前に義母は施設内にて転んで骨折した。そのため、施設を出て病院へ入院。ベットで動けない日々が続いていた。しかし、妻が見舞いに行った15日には元気そうだったので、計画通り奈良に行くことにした。
 18日、義母永眠、享年92歳。私は一人で奈良で飲み、宿泊。
 19日、薬師寺・唐招提寺を見て帰宅(ただし、薬師寺の東塔は修理中で見られず)。
 22日、渋谷にて上野氏に記念牌を渡す。その後、日本犯罪社会学会理事会。
 23日、新潟の小熊夫妻、虎徹・裕樹・美穂、妻・私で、虎徹誕生会とクリスマス会を開く。
 24日、義母の通夜、妻が行く。
 25日、告別式。虎徹・裕樹・美穂、愛花・大地・留美子、私が行く。帰路、愛花を連れて帰る。愛花お泊り、しかも3泊。バーバは孫に甘い甘い。(1405)
posted by 矢島正見 at 14:28| 我流雑筆