2011年12月10日

26日から4日まで

 11月26日から12月4日までにした主なこと。
 雑誌『青少年問題』の校正。これが意外と大変なのだ。たかだか64頁の雑誌ではあるが、そして既に一読している原稿ではあるが、校正となると、一字一句丁寧に読んでいかなくてはならない。一日がかりの仕事である。
 (財)青少年問題研究会全体会、引き続いて(財)青少年問題研究会編集会議。(財)青少年問題研究会編集規程・投稿規定の改定(完成版)。雑誌『青少年問題』原稿執筆依頼。この時期、(財)青少年問題研究会の仕事が殺到した。原稿執筆依頼、これも大変である。連絡がなかなかつかない執筆依頼者、執筆を断られてしまい予備の執筆者に急遽依頼、等々、すんなり行かないのである。
 ゼミ生4年卒論下書き原稿を読み始める。4日、ゼミ4年生個別指導。
 院生の出す申請書のチェックと訂正指示。講義2コマ。なお、大学院ゼミは休み。調査実習は体調不良により休講。犯罪学会大会は多忙につき欠席。教職養成委員会も欠席。
 以上。(1248)
posted by 矢島正見 at 10:49| 我流雑筆