2011年09月01日

3月11日・その3

 ケータイをすっかり忘れていた。ケータイの電源を入れて見ると(日ごろ、私はケータイの電源を切っているので)、バーバ(妻)から、「虎徹の救出を頼む」というメールが入っていた。そこで、「虎徹救出既に無事完了」と返信した。
 一階で最大の難問は倉庫。片付けだしたが、全くはかどらない。床に膨大な物が落ちて積み重なっている。棚も数十センチ移動している。この頃から、余裕が出てきたのか、虎徹が一生懸命、ジージの作業を手伝いだした。途端に能率低下。
 途中でここはあきらめて、二階へ。(1186)
posted by 矢島正見 at 11:21| 我流雑筆