2011年08月24日

新年度講義準備・その2

 社会学史担当の矢野先生が2011年度はサバティカルなので、一年間だけ私が社会学史を担当することになった。社会学史の担当はほぼ10年ぶりのことである。
 昔の古いノートはあるものの、教え方をやや改めることにした。毎回のようにコピーを配布し、その配布コピーに、私が話したことや黒板に書いたことを書き入れていく、という方式を取った。このコピーづくりが意外と大変であった。
 なお、この社会学史は通年科目なので、後期も続く。(1178)
posted by 矢島正見 at 12:07| 我流雑筆