2011年02月21日

11月後半の続き

 大学からもこき使われる。学部の授業、大学院の授業は当たり前、学生の個別相談を懇切丁寧に受けるのも当たり前。それ以外にも、ゼミ生へのメール伝達、研究室会議、外国人留学生面接試験、学校推薦面接、次年度ゼミ紹介文の作成。
 さらに、ことぶき福祉作業所運営委員会。神奈川県児童福祉審議会社会環境部会の開催。日本社会病理学会の関係で前会計担当理事や庶務理事への連絡。
 健康に関しては保健センターでの検診、予防接種、タカオクリニック。
 そして、孫の愛花、虎徹との戯れ。日々の飲酒、食事、大便・小便、入浴に睡眠、等々と、実に実に多事多彩なのだ。(1146)
posted by 矢島正見 at 12:53| 我流雑筆