2010年11月08日

ほかのこともやってました@

 9月から10月にかけて『社会病理学的想像力』を執筆していただけではありません。もちろんさまざまなことをしていました。
 まずは、講義です。学部の授業も院の授業も、一生懸命というわけではありませんが、それなりにまじめに講義しています。これでおまんまを食べているのですから。
 ただし、最近の私の講義は、だんだんと枯れてきました。やはり歳なんですね。
 また、多くの先生が画像・動画などをふんだんに使ってのヴィジュアルな講義に移行していますが、私の場合は語りと板書という昔からの古いタイプの講義です。
 芸能にたとえるならば、扇子と手ぬぐいだけの落語のようなものです。あくまでも話芸の講義です。(1136)
posted by 矢島正見 at 22:48| 我流雑筆