2010年11月01日

『社会病理学的想像力-「社会問題の社会学」論考-』F「第7章 日本社会病理学会の社会学」

 9月に突入しました。1日から6日まで、恒例の「地獄の夏期ゼミ合宿」です。5泊6日、勉強と飲むことだけに専念します。
 起床7時50分。8時から朝食。8時50分から11時50分までゼミ。12時から昼食。12時50分から17時までゼミ。17時から風呂、18時から夕食。19時から23時10分までゼミ。23時30分から飲み会。私が飲み会を退席するのは1時頃。ゼミ生たちの飲み会はいましばらく続きます。ざっとこんなスケジュールです。
 5日から夏風邪を引いてしまいました。6日、帰ってからダウン。7日も寝たきり。ようやく8日から元気が出てきて、執筆再開。
 「第7章 日本社会病理学会の社会学」の初出原稿の執筆は2005年の前期。ここでも2005年から2010年までの追加執筆が必要となりました。こうして出来上がったのは、もう9月も中旬のことでした。(1131)
posted by 矢島正見 at 14:15| 我流雑筆