2010年10月31日

『社会病理学的想像力-「社会問題の社会学」論考-』@

 『社会病理学的想像力-「社会問題の社会学」論考-』という本を出すことにしました。
 その最後の最後の脱稿が10月26日でした。随分と長い日々でした。8月の私の誕生日までに完成の予定でしたが、夏休みいっぱい費やして、さらに10月末まで、延び延びにのびてしまいました。
 2005年から執筆した論文を寄せ集めて本にしようということで、「まとめ」という意識で始めたのですが、いざ始めてみると、次から次へと不足していることがわかり、継ぎ足して継ぎ足して、150頁ほどの薄い本の予定が240頁ほどの本格的なものになってしまいました。(1123)
posted by 矢島正見 at 13:00| 我流雑筆