2010年08月09日

思ったこと

 オープンキャンパスのこと。親子連れが実に多い。摸擬講義も親子で聞いている。個別相談も親子で来る。特に女の子の場合に、親同伴が目立つ。随分と風変わりしてきた。
 4年ぶりの文学部公開講座。なかなかの盛況であった。その後の附属高校教員との懇談会。2時間以上の長く充実したものであった。その席上で、「社会学に附属から送り込まれてくる生徒の質が年々低下している。来年から定員数しか取らない。今までのような水増しはしない」と行っておいた。なかりの爆弾宣言だったようだ。
 愛知大学では楽しみにしていた「コッコ亭」。店長が変わってしまっていた。残念である。ただし、宿泊ホテルも変わり、今までの古びたできの悪いホテルから、新しいホテルに代わった。これは良かった。愛知大学の先生方の例年のご招待宴。毎年、恐縮至極である。
 爺さんの葬式。子ども4人、孫11人、ひ孫13人。こんなにもガキの大勢いた葬儀もめずらしい。焼香の際も、数人駆けずり回っていた。(1119)
posted by 矢島正見 at 12:40| 我流雑筆