2010年06月28日

休みなし

 6月7日から休んだ日がない。遊んだ日はあるが、私の場合「休む」とは「一人でボケーッと気ままに過ごすこと」なので、付き合いや遊びは「休む」というカテゴリーには属さない。
 単に授業ということなら週3日である。土日は休みだし、そのほかにも2日の休みがある。
 ところが、研究教育審議会だとか教学審議会だとか、大学評議員会だとか、学員会幹事会だとか、やたらと会合がある。そのために、八王子にお茶の水にと出かけていかなくてはならない。
 19日と20日の土日は、中央大学で関東社会学会があった。名目上とはいえ、大会開催実行委員長なので、二日間出向いていった。
 会員は900名余だが、参加者は180名ほど。参加率がかなり低い。また、会員の大半が若手研究者(院生やオーバードクター、非常勤講師)によって占められており、会員の流動が激しい。総会では、役員と私以外では、たったの二人しか参加していなかった。なんともお粗末というか、哀れであった。(これは余談)
 26日と27日の土日は特別摸擬講義とバレーボール大会。このことは次に書く。(1113)
posted by 矢島正見 at 23:04| 我流雑筆