2009年08月15日

蜂退治

 庭のウッドデッキの隅に、アシナガ蜂が巣をつくった。
 アシナガ蜂は、一年で巣を換えるので、秋になれば、それでいなくなるのだが、今年はそうもいかない。孫の愛花が我が家に寝泊りして、ウッドデッキで、美しい裸体をさらけ出しながら、プールで水遊びをするからだ。
 害を加えない限り、襲っては来ないのだが、なんせ2歳のガキのこと、襲われたら大変。
 そこで、蜂退治。区の保健所の指示通り、夜中、完全防備の体制で、暗いなか、そっと近づいて、ゴキブリ駆除のスプレーを吹きかけた。およそ20秒間。
 急いで部屋に入り、およそ3分間後、様子を伺い近づいてみたところ、暗いなかで、蜂が死んでいる。
 翌日に巣を取り除いたのだが、16匹の蜂が死んでいた。
 孫のための殺傷。ナムナムナム。(1043)
posted by 矢島正見 at 23:28| 我流雑筆