2009年08月10日

豊橋の日々A

 今年も愛知大学の集中講義に出かけた。8月の3日から7日まで。
 3日は大学で講義資料の印刷。夕方から飲みに出かける。「コッコ亭」へ。
 「いらっしゃい。あっ、先生。いつこちらにいらしたんですか」と大将。いいねえ、年に一度というのに、まったく「常連」といった感じ。
 「得々盛」を頼む。鳥刺し3種の盛り合わせだ。これを食べないと、ここへ来たという気がしない。
 4日から講義。第1時限から4時限まで。ホテルに帰りつくのが17時。風呂に入り、明日の講義の支度をすると19時。その日は愛知大学の先生方によるご招待。「むぎとろ」のお座敷にて飲む。帰ってから、学生のミニテストの採点。
 5日は、17時ホテル、風呂、明日の準備、ミニテストの採点。その後「コッコ亭」。
 6日は、17時ホテル、風呂、明日の準備。「コッコ亭」に行き、生ビールを飲みながらミニテストの採点。その後「謝謝」に寄ってホテルへ。「謝謝」でも、「お久しぶりです」と従業員の女の子。もてるのか、印象深いジイサンなのか。
 7日は、3時限にテスト。教員室で採点し、その日に事務室に提出。そして帰途に就く。豊橋で新幹線を待つ間、「コッコ亭」へ。しばらく飲んで、帰途。
 また一年後である。(1039)
posted by 矢島正見 at 14:29| 我流雑筆