2009年08月01日

30日、31日

 7月30日は大掃除・大整理。
 息子と孫の愛花が8月中旬から9月一杯、我が家に越して来ることになった。
 そこで、部屋を一つ空けなくてはならない。以前息子の使っていた部屋を今、私が使っている。その部屋の明け渡しである。
 まだ、だいぶ間があると思っていたのだが、予行演習として、8月1日(本日)に1泊のお泊りで来るという。そこで、急いで明け渡しの作業となった次第。
 ひと部屋明け渡すということは、本来の私の仕事部屋に戻るということなのだが、その部屋が書類の山。手の施し様がないほどで、その整理が大変。出るわ出るわゴミ・ゴミ・ゴミ(全て紙)。さらに、ついでに3階も整理。
 30日の正午から始めて、終わったのは31日の午前4時。おかげで、8年分のゴミを処分し、実にさっぱり。

 31日、やけにうるさく電話が鳴る。電話嫌いの私は、ほとんど電話には出ない。しかし、何度もかかってくる。布団から起き出して、寝ぼけたまま電話に出る。そしてとたんに目が覚める。
 しまった、10時から児童福祉審議会社会環境部会だ。時計を見ると10時10分。跳び起きて服を着て、家を跳び出す。タクシーに乗り、県庁へ。10時45分到着。そこから進行をバトンタッチ。とにかく部会長なもので。いやもう、ひら謝りである。
 ようやく会議は終了し、食事を済ませ、(財)青少年問題研究会へ。
 こんなこと初めてであった。昨日の大掃除で、翌日の予定を寝る前にしっかりと確認しておかなかったのがいけなかった。反省!!(1037)
posted by 矢島正見 at 09:23| 我流雑筆