2008年12月09日

11月4日〜12月14日A

 11月23日、ようやく調査報告書の執筆が完成。翌日から即、次の仕事に取りかかる。仕事は同時並行で2つ。1つは、11月30日の卒業論文個別指導のため提出させた卒論第一原稿の査読。平均6万字の論文9本の査読。
 2つは、(財)社会安全研究財団の研究助成成果報告書の査読。平均3万字の報告書23本の査読。締め切りは12月3日。
 まずはじめに若手研究助成の9本を査読し、次に卒論原稿を査読し、30日は日曜だというのに大学に出向いて、個別指導を行った。卒業論文を査読し終えたのは日曜日の午前5時。4時間ほどの眠りで大学へ。
 その後、一般研究助成報告書14本を査読。報告書を読み終えて、評価表を送ったのが12月4日午前3時。風呂に入り、寝たのは4時過ぎ。睡眠時間2時間半で、大学へ。朝の1時限からめいっぱい授業をし、2つの会議をこなし、夕方、社会安全研究財団事務所での合評会に出席。
 いやはや、大変であった。
 その間の他の仕事は、犯罪社会学会庶務部・会計部合同新旧引き継ぎ会。パソコン通信故障のため中大ITセンター職員に修理依頼(修理に臨席)。FLP委員会出席。スポーツ推薦入試面接・入試委員会出席。研究室会議出席。高大一貫教育委員会出席。もちろん、授業。
posted by 矢島正見 at 13:05| 我流雑筆