2008年08月11日

夏期集中講義→夏風邪B

 3日、豊橋の愛知大学へ。資料の印刷をするため、ホテルによらず、直接大学に直行。ところが、当日は日曜日。大学は予備校の模擬試験の真っ最中。仕方なく、ホテルに行く。
汗びっしょり。とりあえず、風呂に入る。そして、明日からの講義の準備。資料を読み、テキストの序章・第1章・第2章を読む。
7時、「コッコ亭」へ。しかし、本日は休み。そこで「謝謝」へ。
ここの店の女の子、昨年来たときには逢えなかったので、2年ぶりだというのに、私のことを憶えていてくれた。
よほどの記憶力の持ち主か、私が目立つのか、はたまた私に対して特別の感情を抱いていたか。
早めにホテルに帰り、ホテルでちびりとウイスキーを飲み、その日は就寝。
翌4日、6時起床。朝早く大学に行き、資料の印刷。そして、1・2・3・4時限と講義。
5時にホテル着。汗びっしょり。風呂に入り、明日の講義準備。第3章・第4章・第5章を読む。
7時半準備終了。ホテルを出てコッコ亭へ。本日は開店していた。
マスターは憶えていてくれ、しかも、「お孫さんはどうでしたか。男の子さんでしたか、女の子さんでしたか」と、よく憶えている。大した記憶力。
コッコ亭を出て謝謝へ。しかし今度は謝謝が休み。そこで、以前行ったカラオケへ。豊橋なのに「湘南」という変な店だが、カラオケはあったものの、店の名前も経営者も変わっていた。そこで数曲歌って、ホテルへ。
翌5日、1・2・3・4時限と講義し、5時にホテル着。やはり汗びっしょり。風呂に入り、その日は、愛知大学の先生方のご招待。毎年毎年ありがたいことである。
高級料亭といったところで呑んで、帰りにコッコ亭に寄って、ほんの少し呑んで、就寝。
6日、1・2・3・4時限と講義。5時にホテル、風呂に入り、講義準備。7時半にコッコ亭そしてその後謝謝。謝謝で四川麻婆豆腐をたのんだが、その辛いこと辛いこと。つまみとしては辛すぎるのでライスを注文。食いすぎ。
その日の夜中から下痢が始まる。1時間に1回のペースでトイレへ。睡眠不足。
翌7日、1・2時限は講義。何とか時間中にトイレに行かないで頑張れた。
3時限は試験。試験中たまらなくなってトイレへ。ただし、カンニングできるような問題ではないので、監督不在でも問題なし。
試験終了後、しばらく講師室にて休憩。その後、採点。採点して、総合評価をつけて、滑り込みセーフで事務室に成績表を提出。
ようやく終了。帰途に着く。帰りにコッコ亭に寄る。具合が悪いので、ほとんど酒は呑まず、生キャベツと冷奴と玉ねぎの串焼きで夕食とする。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆