2008年07月31日

社会学基礎演習(1-A)

 社会学基礎演習(1-A)のレポートの採点終了。
この科目は1年生の演習であり、まだまだ高校生に毛の生えただけの学生であるが、4月から比べると、格段の成長である。
それなりに、論理的に文章が書けるようになってきた。これからが期待できる。
まだ、頭が柔らかいので、今のうちに、鍛えておくのがいい。
中大文学部社会学の学生は、潜在的能力を秘めている。
ただし、原稿の書き方が分かっていない。皆、ケータイの書き方になっている。毎年、この傾向が顕著になってきている。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆