2008年07月04日

夏風邪

 2日は朝から下痢ピーだった。前日は夜遅くまで呑んでいたので、呑みすぎ・食べすぎで胃腸がやられた、と思った。
夜になっても下痢ピーは収まらなかった。そしてその夜、風呂に入ったら寒気が急に襲ってきた。
風呂の湯船の中でガタガタ震えた。お湯の温度を40度から42度に変更して、湯船の中でじっとしていた。そのおかげでようやく寒気はなくなったものの、体の心まで温まったという感じではなかった。
しかし、とにかく急いで風呂を出て、ベッドに潜り込んだ。その際、38度5分であった。
夜中、今度は汗をかきだした。下着からパジャマまで汗びっしょりとなり、夜中、下着とパジャマ全取替えをした。
朝、下痢・熱があったが大学へ。そして本日、やはり下痢・熱があったが大学へ。
現在、未だに下痢と熱が続く。熱は37度代前半である。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆